家族葬のメリット、デメリット

###Site Name###

昔はお葬式や法事はその一族の経済状況を表す行事でした。

裕福な人ほど豪華で派手にしていました。

棺の材質、棺にかける布、花の種類と量、お坊さんの人数、などで葬式代は何倍にもはねあがります。

お坊さんに渡す金額も決まっていないことが多く、一人5万円渡す人もいれば30万円渡す人もいました。

3人頼むと、偉い坊さんに30万円、残りの2人は半分の15万円づつなので、お坊さんのお布施だけで60万円にもなります。「あそこの葬式は豪華だった。お坊さんに60万円わたしたそうな。
あそこは花もお棺も貧祖だった」などと言われるのを気にして、普通の家庭の人でも家で100万から300万ぐらいかけてするのが当たり前でした。家でするので、見栄のためにカーテンや座布団、畳までも替える人もいました。

しかし、共働きがほとんどの時代、家での豪華な葬式は精神的にも肉体的にも負担が大きいです。
家族は前日から寝る間もないぐらい段取りや準備で忙しく、当日は式の前にお茶をだし、葬式、焼き場、帰ってきてからは近所の人と親戚にお膳をふるまいます。


家族は自分が食べる暇もありません。

葬式が終わると、香典の計算、記入をして、香典返しを考えて、送らなくてはいけません。

人数が多ければ多いほど大変です。

結婚式も簡略化するとともに、葬式も簡略化していっています。お金をかけたくない人もいますが、簡略化していろんな煩わしさを回避したいのです。


本質的には本当に故人を悼んでくれる人がお線香をあげてくれる、それが一番なのです。

付き合いとか誘われたからとか、義務できてもらっても故人は喜びません。


そういうわけで家族葬がふえているようです。

極端な人は病院から焼き場に直行する人もいます。
焼き場でも頼めばお坊さんに拝んでもらえるので、それが一番お金がかかりません。退職して何年もたっており、知人も親戚も友人も少ない人はこのほうがいいでしょう。
葬祭場で来場者が少ないのもさみしいものです。医師や会社の社長などで、知り合いが多い人は以前は体育館のような場所で巨大な遺影を飾って葬式をしていましたが、そういう方も大勢の来客が煩わしくて家族葬にする人もいます。
高齢になったら、本人に延命処置をするかどうかとともに、どんなお葬式をしてほしいかも聞いておいてもいいでしょう。豪華なお葬式がいいとは言えない時代になってきました。
家族が大変だから家族葬にしてほしいという人もいるでしょう。亡くなったあとに知人から聞いてお悔みに来られる方もいます。
ほんとに故人を悼む気持ちがあれば、そうして来られます。


その場合は香典返しはしないと決めているのなら香典は受け取らないことです。
お返ししても決して失礼にはなりません。


本人が希望したと言えば納得してくれます。

ただ葬式をあげると一度ですみますが、知り合いが多い人は数日または数カ月たってからもバラバラといろんな時間にこられて、そのたびに来客をもてなして話をしなければいけないので、面倒だから普通に葬式をあげればよかったよいう人もいます。

なぜ教えてくれなかった、と怒る人もいます。

本人の意思も大事ですが、残された家族同士で相談して決めるのがいいでしょう。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8719046.html
http://m3q.jp/t/2070
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000GNEV7

神奈川で永代供養の知識を増やしてみませんか。

安心、信頼の四日市の家族葬に関する情報が満載です。

安心安全の三重の葬儀のことならお任せください。



津守の葬儀の情報ならお任せください。