飲食店へレジシステムとして導入が進むタブレット

タブレットは、言わば持ち運べるスーパーコンピューターです。
実際に搭載される基本ソフトウェアは一般的なパソコンと同等です。
デスクトップPCと同じOSが搭載されいるため、パソコン用のアプリケーションやシステムがそのまま使えます。

また見た目こそモバイル機ですが、特別にカスタマイズされたCPUとメモリが搭載された結果、アプリの処理能力に優れており、カタログスペック以上のパフォーマンスが実際には発揮されます。

デスクトップPCは家や事務所でしか使えません。

翻ってタブレットであれば、場所を選びません。

居酒屋のposレジ情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

携帯性の良さを活かして、文字通りノート代わりに携帯するビジネスマンも増えてきました。


個人商店や飲食店チェーン店への導入も加速して来ました。
タブレットは元々個人向けにリリースされた製品です。しかし、業務用のデバイスとしてもかなりのポテンシャルを秘めており、出来る経営者は挙って導入を決断しました。


例えば、多くのお店ではタブレットをレジ代わりに導入しています。

ユーザーが自らオーダーを済ませる仕組みを導入する事で、現場の作業量の削減が図れます。


最近はどこの店舗も人手不足が深刻であり、レジ要員に困っている現場も多いはずです。
タブレットに専用のアプリを追加するだけで、一般的な製品があっという間にレジに早変わりしますので、これ程、便利でローコストな業務効率化の戦略はありません。

朝日新聞デジタル情報を利用してみませんか?

店舗の客席に一括導入すれば、人件費の削減にもなりますし、注文ミスによるトラブルも避けられます。