タブレットでposレジ

低価格のタブレットがたくさん普及してきましたから、それを利用したposレジも一般的になっています。飲食店などではお客様の注文を聞く時にその場でタブレットからデータ入力をするのです。もちろん、それは無線で調理場に転送されますから、単純なオーダー間違いを防ぐことができます。ただ、これらのシステムの利用目的はそれだけではありません。


posレジで集められたデータを解析することによって、お客の嗜好などを見ることができるのです。


もちろん、それは今後の店舗の運営に活かさなければなりません。ただ、それであればposレジをタブレットにする意味はありません。

ポスシステムの情報といえばココです。

それぞれの店舗の売り上げを伸ばすことばかりを考えていては、一時的な対応に過ぎなくなるのです。

タブレットをお客が直接操作するタイプの注文形式を取り入れているところもあります。

人気のYahoo!ニュースについての総合情報ポータルサイトです。

自分で入力するのですから間違うはずがありません。

飲食店業界ではスタッフの入れ替わりが激しいと言われています。

それだけ、精神的な負担が大きいのかもしれません。もちろん、個人的な資質の差もあるでしょうが、posレジのデータを活用して、効率よく人員配置をすることが求められているのでしょう。
つまり、お客が多い時間帯や曜日を予測して、スタッフの時間割を決めておくのです。
予想が100%と言うことはないとしても、余裕を持つことができます。



それがモチベーションアップとなり、最終的にはお客様の高評価となるのです。