タブレットを使ったposレジ

posレジは小売店や飲食店で使われる金銭のやり取りを記録するシステムです。


記録したデータは集計され、売り上げ算出などに利用されます。また、分析ツールとしても有効です。
商品ごとの売れ行きや地域差などの確認によって仕入れの参考にすることができます。

大規模にチェーン展開している企業では、専用のシステムを導入してリアルタイムに販売情報のモニタリングを行なっています。個人経営の店舗では大掛かりなシステムは不要なので、posレジを利用しないケースが多く見られます。
最近では、そのような店舗用にタブレットを活用したposレジが開発されています。

高機能なposレジは、金額が高い割に余分なものが多く使いづらいと言うデメリットがありました。



タブレットを利用することで個々の店舗に合わせた環境に構築することができます。

必要な機能だけに限定して、使いやすさを追求することができます。また、タブレットであれば持ち運びが便利なので、店舗から自宅に移動して集計などの作業が可能です。


それぞれの会計の情報は都度記録されていきます。
だから、レシートを使って表計算ソフトに打ち込み直す必要がありません。


お店を閉めてからの計算の時間を減らすことができます。

詳しく知りたい毎日新聞のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

仕入れなどの情報も記録できるので、確定申告などの際に面倒な収支計算を短縮することができます。

商売のうち事務処理は、不採算の時間です。



できる限り短縮して、効率を上げるためにはタブレットのposレジが有効です。